やっと 迎えに行けた あの時の自分

未分類

こんにちは  愛恵amiです

 

お母さん

おいて行かないで  怖いよ  淋しいよ 

ずっと一緒にいたいよ  大好きだよ

 

子供の頃 私は母に

この言葉が 言えませんでした

 

母は 1人で 兄と私の2人の子供を 育てる為に

夜 子供を置いて 仕事に行きました

 

子供だけの夜は とても怖いし 淋しかったけれど

苦労している 母を助ける為に 

私は その時 その時に できる事を 手伝ってきました

 

しかし母から

ありがとう と言う言葉は 殆ど聞く事は無く 悲しい気持ちでしたが

その気持ちは 心の奥に閉ざしていました

 

大人になってからも 

仕事の大変さや 人間関係に悩んだり

苦しい体験が 次から次へとやってくるので

過ぎ去った過去の事をクヨクヨ 考える暇もありませんでした

 

だって今が一番 大変で苦しいのだから

と思って 気持ちを誤魔化していました

 

でも その置き去りにしていたハートは

いつまでも 助けを待っているのですね

 

 

長い年月が たって 

やっと私は その傷ついたハートの声を 聞く事が できました

 

泣きじゃくる 子供の自分に

淋しかったね もう大丈夫だよ と言って 強く抱きしめました

 

やっと あの時の 自分を 迎えに 行くことが できたのです

 

自分の辛さや 悲しみを  認めて 癒せると

ハートが なんとも気持ち良く 暖かくなりました

 

やっとどんな 自分でも 認める事ができたのです  

 

自分を認め 愛せるようになる(自己愛)と 本当の自分に繋がる事ができる

 

  

この事に 気ずかせてくれたのが 魂の家 美癒さんです

 

宇宙元旦のワークでは 私と少し似たような体験を された方もいらして

ご自身に向き合っている姿が 本当に感動的でした

 

私も自分に向き合って

もっともっと 自分を大切にして 幸せにして

 

新しい世界で生きていきます

 

 

最後まで読んで 頂きありがとうございました。

 

 

愛恵ami

 

コメント

  1. […] 愛恵さんが来て下さいました。 […]

タイトルとURLをコピーしました